ブログ

2019.11.05更新

こんにちはni

総合歯科HMクリニック大阪中央衛生士の中井ですrabbit

当院は長堀橋から徒歩2分の距離にありますglitter

心斎橋からも徒歩圏内で松屋町からもすぐですよ
いつでもお待ちしております(◇’v`bd*)

 

皆さんはマウスピースを使われたことはありますか??
マウスピースには様々な用途があり、その用途によって厚さや形も少し違います。

今日はマウスピースの種類についてお話しします


1・歯ぎしり防止用

ナイトガードとも呼ばれ、夜間に使用します。

歯のすり減りを防止し、歯ぎしり中の力を歯列全体に分散させます。

歯が割れたり、セラミックの被せが外れたり割れたりするのを防止したり、顎の関節の負担を軽くする効果もあります。

 歯ぎしり

2・スポーツ用マウスピース 

マウスガードとも呼ばれ、ボクシング選手が歯に装着しているマウスピースといえばわかりやすいかもしれません。

スポーツ外傷から歯や顎の骨、さらには首の骨や脳を守るとさえ言われています。

ボクサー

3・矯正用マウスピース

最近増えてきているマウスピース矯正ですが、歯科医院でカウンセリングを受け、型を取り、マウスピースを     

作ります。1日20時間以上マウスピースを入れますが、見た目も透明でわかりにくく、取り外しも可能なので、お口の中を清潔に保てます。

当院でも全体矯正にインビザライン、部分矯正にアソアライナーというマウスピース矯正を導入しています。

インビザ

4・矯正の後戻り防止用マウスピース

リテーナーとも呼ばれ、矯正後綺麗に並んだ歯列を維持するためにマウスピースを使用します。

リテーナー

 

 

5・ホワイトニング用マウスピース

ホームホワイトニングといわれる、自身で行うホワイトニング時に使用するマウスピースで、専用の薬剤をマウスピースに塗布し、装着します。

ホワイトニング

6・睡眠時無呼吸症候群用マウスピース

スリープスプリントとも呼ばれ、下顎を数ミリ前方へ引き出したところで固定し、舌の根の部分が気道へ沈み込むのを防ぎます。

歯科医院での作成は医師の診断書が必要になります。

 

 

様々な種類があるマウスピースですが、気になるものがありましたらぜひ当院へお越しくださいませnicoheart

 

 

 

マウスピース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 総合歯科HMクリニック大阪中央

ご予約・ご相談はお気軽に

矯正のことでお悩みでしたら、
大阪府大阪市にある総合歯科HMクリニック大阪中央まで

  • 06-4708-4618.png
  • WEB予約はこちら
  • 06-4708-4618_sp.png
  • WEB予約はこちら