治療の流れ・
治療後の注意点・
よくあるご質問

矯正治療の流れ

1カウンセリング

大阪市中央区・長堀橋の総合歯科HMクリニック大阪中央では、矯正治療のご相談を無料で承っております。歯並びが気になる方はお気軽にご連絡ください。歯並びのお悩みを詳しく丁寧におうかがいした上で、患者様が気になる部分を第一に治していく、「最短でお悩みが解決できる治療」をご提案させて頂きます。
カウンセリング

2検査

歯型取り、CT検査、レントゲン検査などを行って、適切な診断に必要な資料を採取します。
検査

3診断・治療計画の説明

検査結果をもとに適切に診断し、お一人おひとりに最適な治療計画を作成した後、患者様にわかりやすくご説明します。
診断

4矯正治療開始

治療計画にご納得頂けましたら、矯正治療を開始します。矯正中もQOL(生活の質)を下げないように、「裏側矯正」や「インビザライン(マウスピース矯正)」などの目立たない矯正もご用意しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。
矯正治療

5装置の調整

矯正中は定期的にご来院頂き、装置の調整や口腔内のメンテナンスなどを行います。
装置

6装置の除去

治療計画通りに歯が動いたのを確認した後、装置を除去します。
メンテ

7保定

歯並びが後戻りしないように、「リテーナー」という保定装置を付けて頂きます。保定期間中も定期的ご来院頂き、経過を観察します。なお、保定で使用するリテーナーの料金は矯正費用に含まれておりますので、別途費用が必要となることはありません。
リテーナー

8治療終了

保定が終わりましたら、矯正治療は終了です。治療期間は患者様によって異なりますが、当院ではできるだけ短期間で終えられるように様々な工夫を凝らしております。
治療終了

治療後の注意点

矯正治療において、保定期間は後戻りを防ぐためのとても大切な期間です。十分な保定がなされていないと、せっかく整えた歯が元に戻ってしまう場合がありますので、お伝えした期間、きちんとリテーナーを装着するようにしてください。 また、矯正治療によりキレイに整えられた歯並びの健康を守るためにも、治療終了後も3ヶ月に1回程度のペースで定期メンテナンスを受けられることをおすすめします。

よくあるご質問

矯正治療は痛いですか?

痛みの感じ方は患者様によって異なりますが、装置を付けたばかりの時や、調整して2~3日程度は痛みなどの違和感を覚えることがあります。ですが、時間が経過するにつれてだんだんと慣れていきます。これまで当院で矯正治療を受けられた方で、装置の違和感によりリタイアされた方はいらっしゃいませんので、過度にご心配頂く必要はないかと思います。

抜歯が怖いのですが…

歯並びや噛み合わせの乱れが大きい場合、抜歯をして歯を並べるスペースを確保することがありますが、むし歯・歯周病などにかかった病的な歯を抜くのと違って、矯正治療での抜歯で腫れたりすることはありません。局所麻酔をしっかりと効かせてから行いますので、抜歯時の痛みもご安心ください。

非抜歯矯正では歯を削ると聞いたのですが…問題はありませんか?

抜歯しない矯正治療の場合、歯の表面(エナメル質)を削ってスペースを確保することがありますが、削るのは0.3~0.5mmとごくわずかですので、歯にダメージが残ったり、しみたり、機能的に問題が生じたりする心配はありません。

矯正中はむし歯になりやすいと聞いたのですが…

矯正中はお口の中に装置があるため、ブラッシングがしづらかったり、食べかすが装置に付着してしまったりするなどして、むし歯リスクが高くなります。そのため、今まで以上に丁寧にブラッシングする必要がありますが、当院でもブラッシング指導や定期メンテナンスなどにより、お口の中を清潔な状態に保てるようにサポートします。
なお、当院では一般歯科治療も行っておりますので、むし歯になった時でも適切に治療させて頂きます。

できるだけ短期間で歯並びをキレイにしたいのですが…

短期間で歯並びをキレイにしたいということでしたら、部分矯正がおすすめです。部分矯正とは、前歯のガタガタなど気になる部分の歯並びだけを整える矯正方法です。通常の矯正治療の場合、治療期間が2~3年程度におよぶこともありますが、部分矯正ならその半分以下の期間で治療を終えることが可能です。なお、当院の部分矯正では最短4ヶ月で治療を終えられるケースもあります。

装置を目立たせずに矯正することはできますか?

まずマウスピースによる矯正の場合、マウスピース自体は透明であるためお口の中に入っていることが外からわかることはほとんどありません。マウスピース矯正を始める前にホワイトニングをしておくと尚目立ちにくくなり効果的です。
ブラケットと呼ばれる小さな装置を歯に直接くっつけるワイヤー矯正の場合でも極力目立たない工夫をしております。
上の歯に特に有効な裏側に付ける装置であれば全く見えませんし、表側の装置になった場合でもガラス製の素材でできた透明の装置を使うため目立ちにくくなります。
さらにワイヤーも進化してきており、白色のワイヤーで従来の銀色のものと変わらない性質のワイヤーがあります。こちらであれば表側に付けた場合でも「針金を通している感」は少なくなります。
一般的に下の歯は下くちびるに隠れやすいため、上が裏側・下が表側のハーフリンガル矯正も装置が目立ちにくいです。

低価格で提供されていますが…治療の質は大丈夫ですか?

「費用が安いということは、治療がいい加減なのでは…」と不安になる方もおられるかもしれませんが、ご安心ください。価格は抑えつつも治療の質は下げない独自の工夫により、これまで多くの患者様にご満足頂いております。

歯はどうやって動くのですか?

当院で行う矯正治療はニッケルチタン製のワイヤーを使用する方法か、マウスピースによる歯の移動で矯正治療を行っております。
ニッケルチタン製のワイヤーには形状記憶という性質があり、曲げても元に戻ろうとする力がかかります。
例えばジグザグの歯並びの表面に細いニッケルチタン製のワイヤーを張り付ければ、このワイヤーが理想的なアーチの形に戻ろうとします。
この弱い力が24時間歯にかかり続けることで歯並びは整っていきます。
当然歯並びのガタつきが大きい最初の段階では太くて力強いワイヤーは入れることができないので、歯並びの改善とともにワイヤーの太さを上げていきます。
またインビザライン等のマウスピース矯正は、今の歯並びを0,25mmだけ理想に近づけたマウスピースを2週間つけ続けて頂き、さらに0,25mmだけ理想に近づけたものに交換していきます。こうして2週間毎のマウスピースの交換で最終のゴールを目指します。

治療の期間は長くかかりますか?近々、大切なイベントがあってそれまでに治したいのですが。

前歯が一本だけ飛び出てる時などで部分矯正治療の場合、最短で2,3か月で治ります。
ただ一般的には、上下の前歯12本を動かす部分矯正で6か月、奥歯まで全体を動かす全体矯正であれば約一年かかります。さらに小臼歯という中間的な歯を抜いて全体矯正をする場合は少なくとも一年半ほど見ていただく必要があります。
当院では患者様の負担を出来るだけ軽減するため、ご希望があれば短期間で終了する追加装置も導入しております。
例えば前歯が出っ歯の方で奥に引っ込めたい場合、通常は奥歯を固定源にして前歯を引っ張ります。当院では奥の歯茎に追加でアンカースクリューを植え込むことで、前歯を奥に引っ張る力のさらなる固定源にしてその力を増強することができます。アンカースクリューを利用することで、何もつけない場合より前歯は早く引っ込みます。さらに、当院で使用するブラケット装置は「セルフライゲーション self-ligation」という機構が備わっておりワイヤーとブラケット間の摩擦が少ないため、従来の装置より歯が早く動くという特徴があります。

抜歯は痛いですか?腫れますか?

矯正のための抜歯は、小臼歯と呼ばれる4,5番目の歯を抜いていきます。通常これらの歯は根の数が一本もしくは二本であり、そこまで複雑な形態をしていることはありません。従って、抜歯の処置は比較的シンプルに済むので痛みが長引くことは稀です。また抜歯後腫れることもほとんどありません。
では、抜歯の処置中の痛みはどうでしょうか。当院では麻酔の注射前に歯茎表面をシビレさせる表面麻酔薬を必ず使い、熟練した技術によって無痛的に麻酔を行います。また注射する麻酔薬剤自体の温度をあらかじめ体温ほどに上げておく装置も備えておりますので、極力痛みがでないようにさせていただきます。
院長は研修医として大阪大学歯学部第一口腔外科に所属し、市民病院口腔外科での勤務経験がございます。さらにドイツ・マインツ大学顎顔面口腔外科に留学もしており、抜歯の技術は研鑽を積んで参りましたのでご安心ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

矯正のことでお悩みでしたら、
大阪府大阪市にある総合歯科HMクリニック大阪中央まで

  • 06-4708-4618.png
  • WEB予約はこちら
  • 06-4708-4618_sp.png
  • WEB予約はこちら