小児矯正

小児矯正とは?

小児矯正とは、お子さまを対象とした矯正治療のことです。成人の方の場合は、顎の骨の成長が終わっているため本格的な装置を使って歯を動かす治療が中心となりますが、お子さまの場合は、顎の骨の成長をコントロールすることが可能です。そのため、矯正時の抜歯が回避できる可能性や、成長してからも本格的な装置を使用せずに治療できる可能性があります。
お子さまの矯正治療はタイミングが重要で、適切な開始時期を逃すと十分な効果が得られない場合もありますので、少しでもお子さまの歯並びが気になる方はお早目に大阪市中央区・長堀橋の総合歯科HMクリニック大阪中央までご相談ください。お子さまのお口の中を診察した上で、適切な治療のタイミングをご提案させて頂きます。

小児矯正のメリット

抜歯が回避できる可能性が高くなる

お子さまのうちから矯正治療を始めることで、将来、本格的な装置を用いた治療が必要となった場合でも、永久歯の抜歯が回避できる可能性が高まります。


将来の負担軽減に繋がる

小児矯正を受けさせてあげることで、将来、本格的な装置を用いた治療が回避できたり、治療期間が短縮できたりする場合があります。


仕上がりがキレイ

一般的に、成人になってから矯正治療を始めるよりも、お子さまのうちから始めた方が歯並びの仕上がりがキレイだとされています。


お口の健康が守れる

歯並びをキレイに整えることで、歯磨きなどのケアが行いやすくなるので、むし歯などの病気予防に繋がります。

小児矯正の流れ

小児矯正では、成長過程にある顎の骨をコントロールする治療が中心となり、これを「1期治療」と言います。1期治療後、本格的な装置を使って歯を動かす治療を「2期治療」と言います。適切なタイミングに治療を始めることで、2期治療に移行した場合でも抜歯が回避できる可能性が高まったり、本格的な装置を使用せずに済んだりするなど、将来の負担が軽減できる場合があります。

1期治療

1期治療は「混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)」に行われます。成長過程にある顎の骨をコントロールすることで、歯並びや噛み合わせを整えていきます。お子さまの歯並びの悪さは主に「顎が小さい」ことが原因で起こりますので、拡大床などの装置を使って顎を拡げて、正しく歯が並ぶためのスペースを確保するなどの治療を行います。

2期治療

2期治療は「永久歯列期(永久歯に生え変わった時期)」に行われます。1期治療だけでは歯並びや噛み合わせが改善されなかった場合などに、本格的な装置を使用して歯を動かしていきます。 当院では「インビザライン(マウスピース矯正)」「裏側矯正」「セラミックブラケット」「ホワイトワイヤー」など、目立たない装置も豊富に取り揃えており、矯正中も見た目などのQOL(生活の質)を下げない治療をご提案することができます。

ご予約・ご相談はお気軽に

矯正のことでお悩みでしたら、
大阪府大阪市にある総合歯科HMクリニック大阪中央まで

  • 06-4708-4618.png
  • WEB予約はこちら
  • 06-4708-4618_sp.png
  • WEB予約はこちら